よくあるご質問検査項目について

検査項目について

Q&A

Q. 何を受けたらよいかわからないのですが
A. 受診者の皆様のニーズに合わせた健診メニューをお調べします。お電話もしくは来院してご相談ください。
Q. 喀痰検査は3日分の痰を採らないといけないのでしょうか?
A. 可能な限りで結構です。
Q. X線による被ばく量が気になります
A. 検査による被ばく量は、図の通り健康に支障をきたす値よりもはるかに低い数値となっております。また、撮影部位は胸部や腹部などのように限定されていますので、全身にX線を一度に受けることはありません。たとえ毎日撮影したとしても、そう神経質になる必要はございません。
(独立行政法人 放射線医学総合研究所ウェブサイトより転載)
Q. マンモグラフィと乳腺エコーのどちらを受けた方がよいですか?
A. 20代は、乳腺エコーをお勧めしております。比較的乳腺の多い若い方のレントゲンは白く映ってしまうため、マンモグラフィでは乳がんの発見が難しいとされています。
40歳からは、マンモグラフィをお勧めしております。しかし、マンモグラフィとマンモエコーは、それぞれ得手不得手がありますので、併用されることをお勧めします。また、自己検診での定期的なチェックも必要です。
Q. 乳房にヒアルロン酸を注入しているが、マンモグラフィの受診はできますか?
A. 注入した病院にご確認ください。許可が出れば実施可能です。
Q. 甲状腺ホルモン検査はどのような検査で何が分かるのでしょうか?
A. 血液検査で甲状腺(代謝や自律神経をコントロールしているホルモン)の機能異常が分かります。
Q. 腫瘍マーカーとはどのような検査ですか?
A. 血液検査で、がんの目安となる数値を測る検査です。
Q. 結核を調べる検査はどのようなものがありますか?
A. 胸部XP、喀痰細胞診です。
Q. バリウムと胃カメラはどちらが詳しい検査ですか?
A. 胃カメラです。ただしバリウムで発見できて胃カメラでは発見できない疾病もあります。
Q. 鼻からの胃カメラは実施していますか?
A. 実施しています。実施可能日はお問合せ下さい。
Q. 当日生理になった時はどうしたらいいのでしょうか?
A. 基本的には健診日の変更をお願いしていますが、検査により実施可能です。まずはご相談ください。
Q. 授乳中でも乳がんにかかりますか?
A. かかる可能性はあります。授乳中でも乳腺エコーはご受診いただけます。
Q. オプション検査は当日でも追加可能ですか?
A. 検査項目によりますが、可能です。

ご予約について  ご受診まで・ご受診当日について  検査項目について  結果所見説明  二次検査・外来について  女性の方からよくあるご質問について  企業担当者様からのよくあるご質問