よくあるご質問検査項目について

検査項目について

Q&A

Q. 何を受けたらよいかわからないのですが
A. 「受診コース・オプションサーチ」や「おすすめオプションセット」をご活用ください。
  受診コース・オプションサーチはこちら
  おすすめオプションセットはこちら
Q. X線による被ばく量が気になります
A. 検査による被ばく量は、図の通り健康に支障をきたす値よりもはるかに低い数値となっております。また、撮影部位は胸部や胃部などのように限定されていますので、全身にX線を一度に受けることはありません。
(独立行政法人 放射線医学総合研究所ウェブサイトより転載)
Q. マンモグラフィと乳腺エコーのどちらを受けた方がよいですか?
A. 20歳代、30歳代は乳腺エコーをおすすめしております。ただし、30歳代でもマンモグラフィが適している乳房タイプもあり、向いている検査に個人差がございます。マンモグラフィと乳腺エコーは両方が補い合って検査の精度を高めますので、40歳代からはマンモグラフィと乳腺エコー両方のご受診をおすすめしております。
※近親者に乳がんの方がいらっしゃる場合は30歳代から両方のご受診をおすすめします。
Q. 乳房にヒアルロン酸を注入しているが、マンモグラフィの受診はできますか?
A. 当院ではご受診いただけません。専門医にてご受診ください。
Q. 甲状腺ホルモン検査はどのような検査で何が分かるのでしょうか?
A. 血液検査で甲状腺(代謝や自律神経をコントロールしているホルモン)の機能異常が分かります。
Q. バリウムと胃カメラはどちらが詳しい検査ですか?
A. 胃カメラです。胃がんの種類によってはバリウムの方が有用だという報告もありますが、バリウムで見つかる胃がんは進行がんであることが多いため、ごく早期のがんを見つけることは困難です。また、バリウムで異常が見つかれば、精密検査で胃カメラを受けることになります。
Q. 鼻からの胃カメラは実施していますか?
A. 実施しています。ご予約時にお申し付けください。
Q. 当日生理になった時はどうしたらいいのでしょうか?
A. 子宮頸部細胞診が実施不可となり、尿検査・便検査にも影響がでる可能性がございますので、基本的には健診日の変更をご案内しております。日程的に難しい場合はご相談ください。
Q. 授乳中でも乳がんにかかりますか?
A. かかる可能性はあります。授乳中でも乳腺エコーはご受診いただけます。
Q. オプション検査を追加したいのですが
A. お電話やオプション追加フォームからお申込みいただけます。
  オプション追加フォームはこちら
Q. オプションはいつでも追加可能ですか?
A. 検査項目によって人数制限がある場合がございますので、事前のお申込みをお願いいたします。近日の場合はお電話にてお問合せ、当日の場合は受付時にお問合せ下さい。
Q. 胃カメラは口からと鼻からとでは、どちらが楽ですか?
A. 口からより鼻からの胃カメラの方が楽とおっしゃる方は比較的多いですが、鼻腔が狭い方やアレルギーをお持ちの方は鼻からの方がつらいとおっしゃる方もいるため、個人差がございます。
Q. 胃カメラの時に鎮静剤は使用できますか?
A. うとうとした状態で胃カメラを実施させていただく鎮静剤は、オプション(別途税抜3,000円)にてご用意しております。大変人気がございますので、お早目のご予約がおすすめです。
※当日は終日お車・バイク・自転車の運転はしていただけませんのでご注意ください。

ご予約について  ご受診まで・ご受診当日について  検査項目について  結果所見説明  二次検査・外来について  女性の方からよくあるご質問について  企業担当者様からのよくあるご質問