ご受診コースの決め方

まずはご自身の健康保険証をご用意ください。
ご加入の健康保険組合をご確認の上、下記の流れでご検討いただき、こちらのご予約フォームよりお申込みください。

【国民健康保険以外にご加入の方の場合】

1. 健康保険組合様が用意したコースをチェックしましょう!
 ご加入の健康保険組合様によっては、健康保険組合様が用意したコースをご受診いただくことで、補助を利用することが出来る場合がありますので、まずはご加入の健康保険組合様からの通知、Webサイトなどをご確認ください。

2. 弊施設オリジナルのコースをチェックしましょう!
 ご加入の健康保険組合様が用意したコースではご満足いただけない場合、弊施設オリジナルのコースをご用意しておりますので、こちらをご確認ください。

3. オプションをチェックしましょう!
 健康保険組合様の各コースに追加することができるオプションが用意されている場合があります。補助が使える場合もありますので、健康保険組合様からの通知、Webサイトなどをご確認ください。 健康保険組合様のオプション以外にも、弊施設が対応しているオプションがありますので、こちらをご確認ください。

4. 健康保険組合様が用意したコースをお申込みの場合
 健康保険組合様が用意したコースでご受診をご希望の場合、ご予約時に、ご加入の健康保険組合様、健康保険組合様の通知やWebサイトに掲載されているコース名称をお聞かせください。また、追加したいオプションがある場合は、オプション名称もお聞かせください。

5. 弊施設オリジナルのコースをお申込みの場合
 健康保険組合様が用意したコースではなく、弊施設オリジナルのコースで申し込みたいことをお聞かせください。また、追加したいオプションがある場合は、オプション名称もお聞かせください。

6. 人間ドックを受けようか迷った場合
 こちらのお勧めコースサーチをご活用ください。 節目の35歳、または、40歳以上の方は、人間ドックのご受診もご検討ください。

7. 胃カメラ検査とバリウム検査で迷った場合
 過去にバリウム検査でD判定が出た方は、胃カメラ検査のご受診をご検討ください。また、バリウム検査でD判定が出ていない方も、35歳以上であれば少なくとも5年ごとに胃カメラ検査にすることをお勧めします。
胃カメラで直接胃の中を見ますので、バリウム検査よりは胃がん発見の精度は高いです。また、弊施設の胃カメラは、下記の2種類からお選びいただけます。

① 経口胃カメラ・・・口から入れます。直径10.7mmのカメラを使用しています。
② 経鼻胃カメラ・・・鼻から入れます。直径 6.6mmのカメラを使用しています。

どちらも部分麻酔を使用し、痛みを感じにくいような処置は行わせていただきます。経口胃カメラの方が、カメラが大きい分、視野が広いため、検査時間は短くなります。また、弊施設の場合、血をさらさらにするお薬を服用されている方は、経鼻カメラをご利用いただくことができません。

【国民健康保険にご加入の方の場合】

1. 各市区町村からの通知や、Webサイトで、助成を受けることが出来ないかを確認しましょう。人間ドックの助成を実施している市区町村、がん検診の費用補助を行っている市区町村がほとんどです。

2. 人間ドック助成対象年齢の場合は、弊施設の人間ドックコースご受診を検討しましょう。 弊施設の人間ドックコースの費用と内容は、こちらをご確認ください。

3. 人間ドック以外のコースをご希望の場合は、弊施設のその他コースの受診を検討しましょう 弊施設の人間ドック以外のコースと費用と内容は、こちらをご確認ください。

4. 市区町村の費用補助を使用したがん検診を検討しましょう。
 がん検診だけでもご受診いただくことができますが、弊施設の人間ドック、その他コースとセットでご受診いただくこともできます(既にコースにがん検診の検査が含まれている場合を除きます)。 がん検診だけを受診するか、人間ドックまたはその他コースと一緒にご受診されるかを検討しましょう。

5. オプションをチェックしましょう!
 弊施設がご用意しているオプションがありますので、こちらをご確認ください。

ご受診コースの決め方  協会けんぽご加入者様の健康診断  その他の健康診断  市区町村の助成制度  お勧めコース・オプションサーチ