ホーム > 地域包括ケアをしっかり勉強する会 > 第6回地域包括ケア勉強会を終えて

ここから本文です

地域包括ケアをしっかり勉強する会

第6回地域包括ケア勉強会を終えて

地域包括ケア勉強会の第6回目は、ICT(情報通信技術)の一つである「遠隔診療」をテーマに、勉強会を開催いたしました。ご参加いただきました皆様、大変お疲れ様でした。このページでは、勉強会の内容を簡単にご紹介いたします。

テーマ:遠隔診療の歴史と地域包括ケアを考える

  1. 遠隔診療の歴史
  2. 遠隔診療と地域包括ケアシステム
  3. ディスカッション
  4. これからの遠隔ヘルスケア
開催日時 2018年10月15日(月)
講演時間 19:15〜20:45
会場 神奈川県厚木市中町2丁目12-15
アミューあつぎ6階610会議室
講師 溝口博重氏(NPO法人医桜代表理事)
主催 (公財)健康予防医学財団 厚木・地域医療介護交流ネットワーク
受講料 無料

第6回目の勉強会のテーマは、「 遠隔診療の歴史と地域包括ケアを考える ~ICT活用による地域の訪問サービス~」です。

地域包括ケアで ICT といえば、地域連携システムなどが取り上げられますが、訪問サービスとの組み合わせで いえば、遠隔診療との親和性が高いと言われています。日本ではあまり知られていませんが、国民皆保険制度が 始まってから今日まで、ずっと無医村の問題があり、「保険料は徴収されているのに医療が届いていない地域」 の解消に努めてきました。その一つが、遠隔診療の研究で、1970 年代から約半世紀も実施されています。

一方で、今年の 4 月からスタートしたオンライン診療は、少し系譜が異なり、在宅サービスとの連動といった ものをイメージしています。これらを発展させれば、訪問看護や介護、リハビリにも転用が可能だと考えられて います。

勉強会では、無医村問題の原因や遠隔診療の発展の背景を知るとともに、遠隔医療サービスを訪問看護や介護 へどう活かしていくか、今後の課題などを考え、参加者の皆様同士でも意見交換をしていただきました。今回の勉強会も、参加者の皆様を始め、多くの方にご協力いただき、実りある勉強会にすることができました。皆様に 深く感謝申し上げます。次回の勉強会も、たくさんの方のご参加を心よりお待ちしております。

 

講義風景

講義風景

 

ヘルスケアクリニック厚木

〒243-0018
神奈川県厚木市中町3-6-17
TEL:046-223-1150

月~土 8:00~16:30

アクセスのご案内

  • フォトギャラリー
  • 満足度調査
  • 健診などの助成制度案内
  • 求人案内
  • お問い合わせ

 

ページの先頭へ戻る